トップメッセージ

株式会社アイモバイルは、平成28年10月27日、東京証券取引所マザーズ市場に上場いたしました。これもひとえに皆様方の暖かいご支援の賜物と心より御礼申し上げます。


当社グループは、新しい技術を創造し多くの人が満足するサービスを提供し続けることを経営理念とし、日本を中心に世界で貢献できる企業体を目指しております。


アイモバイルは2007年の設立当初から、"ガラケー"と呼ばれていた従来型携帯電話にはじまり現在のスマートフォンに至るまで、皆さまの生活に欠かせない携帯電話で目にするWEBサイトや、スマートフォンアプリ内に広告配信を行うインターネット広告事業を進めてまいりました。


事業基盤となるアドネットワーク事業では、成長著しいモバイル広告の分野に早くから着目し、広告効果の最大化をミッションに技術開発を行い、国内最大規模まで拡大することができました。ここで培った技術や顧客基盤を、アフィリエイト事業やDSP事業、そして今後さらに成長が見込まれる動画広告事業へと展開しております。今後も時代の波を捉え、アドネットワーク事業を様々な広告領域へと展開し、一大広告プラットフォームの形成を目指してまいります。


また、社会貢献の一環として、広告事業で培った技術を活かし、ふるさと納税事業(ふるなび)を開始しております。「ふるなび」は、ふるさと納税制度による地方創生を図る自治体と納税者を繋ぐプラットフォームとなり、制度自体の理解の促進と利用しやすい環境を創ることは元より、高額納税者向けの納税代行サービス「ふるなびプレミアム」や業界初の試みとなる「ふるなびグルメポイント」などの独自サービスの展開もスタートしております。


この度の上場を機に、既存の事業基盤をより強固なものとし、"多くの人が満足する"新規サービスへの挑戦も進めてまいります。 さらなる業容の拡大とともに皆様方に信頼され、広く社会に貢献できる企業となるよう、役員はじめスタッフ一丸となって一層精励してまいる所存でございます。


株主・投資家の皆様におかれましては、引き続き当社グループに対するご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
田中 俊彦